2010年11月01日

【第4回モニターレポート】猫男爵さん

【第4回】「プラズィオン担当者に一言モノ申す!改善してほしい点、使いづらい点はありませんか?」

脱臭などの基本機能についての要望は特にないので、
猫飼いの観点からの改善点を考えてみました

nekodan_3-2.jpg


相変わらず、ケージに囲まれて今日も無事に稼働中の、こちらプラズィオンくんです。(^^;)
背面からニオイを取ると聞いたので向きを変えてトイレ側に背面を向けてみました。

それで、少しニオイの方も改善され、ウンPのニオイをほとんど感じなくなりました。
でも、たまにオチッコのスプレー的なニオイが残ることがあるので、
きっと得意なニオイとか苦手なニオイがあるのかも知れませんね。

nekodan_3-2.jpg


それから、これはペットを飼っている人の宿命かも知れませんが、
フィルターに毛がずいぶん溜まりますね。これが約1週間分です。
この辺りもニオイを吸収できない原因かも知れないので、マメに掃除しないとですね。

でも、こうやってフィルターを掃除するだけでよくて、
フィルター交換不要というのは助かりますね。

という事で、さすがはわざわざ脱臭機と名乗るだけあって、
脱臭機能についてはずいぶん優れていると思います。

脱臭などの基本機能については、特に改善して欲しいとかの要望はないです。
でも、せっかくの猫ブログですので、猫飼いの観点から改善点を考えてみたいと思います。

nekodan_3-2.jpg


まずはこちら。以前にも書きましたが、猫は必ずと言っていいほど上に乗りますね。
今まで一度も倒れたことがないくらい、本体が安定しているのはいいのですが・・・

nekodan_3-2.jpg


上面にある操作パネル。とっても大きなボタンで押しやすい。
という事は、猫が歩いただけでメチャメチャ反応しちゃうんです。

これは小さなお子さんでも操作できちゃうと思うので、誤操作を防止する意味でも、
カバーが付いているとかロックスイッチなんかがあるといいと思いますね。
本体横のあたりにでも、ちょっとロックスイッチがあるだけでも違うと思うんですけどね。

nekodan_3-2.jpg


あとは、同様にこちらの風向きが調整できるルーバー、
プラスチックの薄い板状のものなので強度が不安です。
走りまわってる時に引っ掛けそうなのもちょっと・・・。
そういったところからも、ウチはケージで囲んでるんですよね。

nekodan_3-2.jpg

そして、電源ケーブル。
あくまでも普通のケーブルではあるのですが・・・
ウチみたいにケーブルを噛んでしまうような子が居ると、
ちょっと対策があるといいなと思ってしまいます。

いちおう、こうやってケーブルカバーをしてガードしているのですが、
特に背面からニオイを取るのであれば、背面からケーブルが出ていると
ニオイの元に背面を向けると「ケーブルをどうぞ噛んでください」って
カタチになっちゃうんですよね。


という事で、細かい所をあげさせていただきましたが、
せっかくいい商品なのですからペットの飼い主さんにも
使いやすい商品になって欲しいと思い書かせていただきました。

次回の商品作りにでも反映されるといいなぁ。(⌒∇⌒)

↓↓↓ 続きはブログで ↓↓↓
【第4回富士通ゼネラル脱臭機“プラズィオン”レポート】
【第3回富士通ゼネラル脱臭機“プラズィオン”レポート】
【第2回富士通ゼネラル脱臭機“プラズィオン”レポート】
【第1回富士通ゼネラル脱臭機“プラズィオン”レポート】


ニックネーム アセラ事務局 at 10:00| Comment(0) | 【第4回モニターレポート】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント